業界ニュース

小モジュール直歯車の加工における精度と品質

ビュー : 4958
著者 : Leo
更新時間 : 2023-04-11 16:07:17

  小モジュールスパーギアは、小さい歯を持つギアの一種で、モジュールが1未満の場合に使用されることが一般的です。小モジュールの例には、1モジュール、0.9モジュール、0.8モジュール、0.7モジュール、0.6モジュール、0.5モジュール、0.4モジュールなどがあります。小モジュールギアは、計器、精密機器、電子技術製品などの分野で広く使用されています。

  小モジュールスパーギアの加工プロセスには、メートル法と英制があります。メートル法では、歯の間隔はモジュールで測定されますが、英制では歯の間隔はDP(直径ピッチ)で測定されます。測定と計算方法も異なるため、設計や加工には専門の人材が必要です。

  高品質の小モジュールスパーギアを製造するには、良好な設備、材料、人員、プロセス、熱処理が必要です。まず第一に、機器は高精度の加工能力を持っている必要があり、生産されたギアの完璧な精度を保証する必要があります。第二に、材料の組成は正確でなければならず、十分な強度と硬度を持つギアを生産する必要があります。私たちのチームメンバーは、専門的なスキルと豊富な経験を持っており、機器を熟練して操作し、加工技術を習得することができます。良好なプロセスと熱処理により、ギアの硬度を均一にし、段差のない状態にすることができます。

  まとめると、小モジュールスパーギアの加工には、設備、材料、人員、プロセス、熱処理に細心の注意が必要であり、専門の設計人員も必要です。これにより、高品質の小モジュールスパーギアを製造することができます。